コラム

カテゴリ:海外コラム

~川崎大輔が読む、東南アジア流通市場~
ASEAN最大の中古部品市場―マレーシアの今

日本製中古車部品市場のハブであるマレーシア

矢野経済研究所は、2014年に東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6か国の自動車リサイクルに関する調査結果を発表した。調査結果では「マレーシアの2013年の輸入中古部品市場規模は約231.6億円とみられ、ASEAN域内で最大規模」と伝えている。

 

一方で、日本から輸入されたこれら中古車部品すべてが、マレーシア国内で流通されるわけではない。ハブであるマレーシアに集約されたあと、世界各国へ再輸出されている。現地でのヒアリングによれば80%ほどが海外向け、残りがマレーシア国内用となっているようだ。

クアラルンプール(KL)の中古部品集積地

マレーシアの首都KLには、最も大きな中古車部品集積地であるklang(クラン)、次に大きなkepong(ケポン)という2大集積地がある。KLの西と北に位置し、共にツインタワーから車で45分ほどのところにある。

 

クランには最大手のフェーダー、中古部品販売団体MAARA(Malaysia Automotive Recycling Association)の代表理事が経営するスンガイセンドックがあり、周りに小規模な中古車部品販売店が多数ある。

 

ケポンには、グループとしては最大手のビーヒンがある。これらがマレーシアの中古車部品販売会社の上位3社であり、3社でマレーシアのコンテナ取扱総量の5分の1を占める。このような中古部品販売を行う企業は、マレーシアに5000社程度あるといわれる。

マレーシアでの中古車部品輸出入状況

MAARAからのデータによれば、マレーシアでは日本からの中古車部品輸入が80%以上を占めている。日本車の多いニュージーランドやオーストラリアからの中古部品の輸入もあるが、日本で発生した中古部品は走行距離や使用年数が少ない。「日本は優良な中古部品発祥地」という世界共通の認識があることが、日本からの輸入比率が多い要因だ。

 

取り扱われる中古部品は、ハーフカット、ノーズカットも多いが、主要中古部品であるエンジン、変換機に次いでオルタネータ、スタータの比率が高い。足回り系の部品以上にモーター系が多いようだ。現地では、日本での引き渡し時から1.5~3倍程度の値で販売されている。また、先述したように、海外へは販売の80%ほどは再輸出されている。

 

再輸出先としてはタイ、ミャンマー、パキスタン、UAE(シャルジャ)、南アフリカ、ナイジェリアなどアジア近隣諸国、中東、アフリカを中心に輸出されている。一方で、UAE(シャルジャ)、南アフリカ、ナイジェリアはさらなる再輸出拠点となっており、アフリカ諸国へと再々輸出されている。

 

マレーシアが大きな再輸出拠点としてのハブになっている理由としては、アフリカや中東などの中間に位置しているという地理的要因がある。また、アジアの中でのムスリム(イスラム教徒)国といった理由が挙げられる。アフリカや中東に住むムスリムにとって食事(ハラル)やモスクなどに十分に対応できるため、中古部品のハブとして確固たる地位を築いたといわれている。

マレーシア中古部品流通市場の動向

このようなマレーシアだが、中古部品流通市場の業界関係者の話によれば、直近の中古部品市場は縮小に向かっている。「中古部品輸入関税の引き上げ」「日本国内で部品を集約し、マレーシアを経由しないで再輸出先に対して直接販売する取引の拡大」という背景が要因だ。

 

大手中古部品販売会社はマレーシア国内での中古部品の調達が難しく、日本からの高品質な中古部品の輸入に頼っていた。車両使用期間は約15年と長く、走行距離が長期化しているため低品質だ。さらに、実質的に使用済み自動車として出てくる車両台数は少ない。このようなことから、中古車部品販売会社は在庫を大量に持つことを経営戦略としていた。しかし現在、販売会社は在庫の縮小を余儀なくされている。

 

マレーシア国内での重要がそれほど多くはないにもかかわらず在庫が多いため、今後、在庫が安値で世界中に再輸出される可能性も考慮する必要がある。

これからの日本製中古部品産業の可能性

マレーシアは、日本製中古部品の重要なグローバル流通を担っている。しかし、外部環境の変化により流通形態が変化する可能性があることに注意が必要だ。アフリカやUAEなど、マレーシアの役割を担えるほかの地域もある。また、オンラインでの中古部品ネットワークによって日本企業が現地のエンドユーザーと直接取引する可能性もある。さらに、日本の某メーカーでは中古車輸出を本格的に自らのビジネスとして位置付ける動きも出ており、これらが独自で中古部品の流通も扱う可能性もある。そうなれば、中古部品のグローバル流通形態は変化を迫られるだろう。

 

中古部品の流通に関する情報の蓄積は十分ではなく、課題も多く残されているが、日本メーカーの努力による高い国際競争力と品質によって、日本からの中古部品は優良であることに変わりはない。さらに、日本での適正な自動車リサイクル法、リサイクル関連企業の先進技術、海外での日本車市場の増加に伴う盛んな中古部品需要など、やり方次第ではさらなる需要を見出し、世界に誇れる日本の産業となる、大きな可能性を持つビジネスなのである。

 

日本製中古部品産業は、グローバルな視野に立った中古車部品流通を再構築していくことで、さらに大きな産業へと発展を遂げる段階に差し掛かっているのではないだろうか。

お問い合わせ

HP: http://aseanplus.jp/

Tel.080-3270-2760

e-mail: aseanplusconsulting@gmail.com

川崎大輔まで

アセアンプラスコンサルティング代表 川崎 大輔

アセアンプラスコンサルティング代表 川崎 大輔 Kawasaki Daisuke

大手中古車販売会社の海外事業部でインド、タイの自動車事業立ち上げを担当。2015年半ばより「日本とアジアの架け橋代行人」として、Asean Plus Consulting LLCにてアセアン諸国に進出をしたい日系自動車企業様の海外進出サポートを行う。アジア各国の市場に精通している。現在、レスポンスコラム「川崎大輔の流通大陸」を連載。経済学修士、MBA、京都大学大学院経済研究科東アジア経済研究センター外部研究員。

お問い合わせ

コンサルティングのご相談、サービス内容に関するご不明点等は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号 03-5557-4747