サービス案内

経営理念研修

経営理念が紙上の飾りにならないようにするためには、まずは経営者自身がその理念を語れなければなりません。 経営者自身が、自分が情熱を持てるものから生み出した経営理念は魂がこもっているので、組織に対する浸透力が強く、組織の成長が加速します。

実施テーマ

1
自分が「情熱を持てるもの」を自身の価値観から見いだす
2
経営者の「組織のリーダーとしての価値観、判断基準」を整理する
3
幹部、社員に「絶対に伝えなければならない理念」を明確にする
4
正しい人材採用、登用の視点を「自身の価値観」から見つけだす討
5
幹部社員との理念共有の方法を学ぶ

概要

2泊3日×2回(前期・後期)

参加者の感想

これまでも社員には『お客様の為になることを考えて行動しよう』と言い続けてきましたが、 社員にはなかなかうまく伝わらず、私としてもその苛立ちから、叱責が多くなっていた矢先にこの研修を受けました。 研修では、自分の考えがなぜ伝わらないのか、深く考える機会となりました。

研修が終わって、幹部と改めて話をする機会を作りました。 毎週火曜日に早朝ミーティングを実施、そこで30分、今回作った基本理念の背景、あるいは今やっている様々な取り組みが理念を踏まえてどういう意味があるのか、話をしました。

今では、社員は私の想いを理解し、自ら部下育成を始めてくれました。 これこそ、待ち望んでいた姿です。 基盤コールひとつをとっても、自然と「どうすればできるのか?」と議論が始まり、そして取り組みが進むようになりました。


サービス一覧へ
お問い合わせ

コンサルティングのご相談、サービス内容に関するご不明点等は、お気軽にお問い合わせください。


電話番号 03-5557-4747